suzukieikop5

「睡蓮のパネル」

以前からハス、睡蓮は作品にしたいと思っていました。丁度思い通りのデザインを見つけ、少し簡略化したり、付け加えたりのアレンジをしてガラス選びも自分の中であれこれ行きつ戻りつ・・・いつも考えるのは、図案として思い切った色使いにするか、実物に忠実にするか、です。 で、結局どちらも取り入れて、ということになるのですが、今回はあまり「かけ離れた色」は使いませんでした。気遣ったのは、静止した風景に水面だけがゆらめいているようにモトルガラスを使ったこと、葉脈や花びらをうまく表せるよう、ガラスの板目や流れを利用したことです。既製の木製枠(パネルサイズ 40X50cm)を付けたことで見栄えがして嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です